ニュース時事能力検定二級に独学で挑戦してみた

 

こんにちは。ブログ移動して最初の記事になります。

このブログでは読書感想文を投稿する(予定)ですが、今回は最近受けた検定のことを自分の日記兼これから受ける方の勉強のサポートになればいいなと思って書こうと思います。 

 

 

 

 

 

毎日新聞社ニュース時事能力検定というものがありますが、昨年準二級に挑戦して合格できたので、今年は二級に挑戦してみました。

 

 

昨年もですが、今年も独学です。

 

 

 

 

 

まず対策についてですが、試験の約六割が公式テキストと問題集から出ます

しかし最初は問題集を何度も解いて完璧にすると良いと思います。

 

選択肢の順番が違うことはありますが、引っ掛けのような意地悪な問題は無く、公式問題集のままでていたと思います。

 

ちなみに、私はメンタリストDaiGoさんの動画をよくニコニコ動画で拝見するのですが、問題を5回正解できるようになったら記憶が定着したと言えるらしいので、5回解けるまで勉強することをおすすめします。

 

 

 

 

 

ちなみに今回受ける中で個人的に一番心配だったのは、二級の問題に準二級の問いも出るのではないかということです。

大は小を兼ねると言うじゃないですか。

 

こんな心配してるの私だけかもしれませんが。。

 

てか心配するくらいなら勉強しろって感じですが。。

 

 

 

しかし、公式問題集から準二級の問題は出されていませんでした。

 

ただもちろん基礎とする知識は同様に必要なので、ちゃんと勉強しておいて損はないです。

 

 

また、「2級合格へここもCheck」の欄はしっかりチェックしておけばよかったなと思いました。

 

 

 

 

 

 そして、最近北朝鮮が世界的に注目されていること、ちょうどニュース検定のある週に米朝首脳会談が開催されることもあり、北朝鮮の問題も出題されるのかな?と思っていたのですが、それよりも法改正の問題の方が多く出ました。

 

出題傾向はその時によってもちろん変わると思いますが、制度などについてテキストが発行された後に改変があった場合はチェックしておくと良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ポイントとしては、

・公式問題集を完璧にする

・制度の変更があったらチェックしておく

という感じだと思います!

 

 

これからニュース検定を受ける人の力に少しでもなれたら嬉しいです!